聴いている音楽が、気分に直接影響を与えることは研究によってわかっています。しかし、それがどんな影響であるかについては研究する必要はないでしょう。なぜなら、悲しい歌を聴けば不幸な気分になり、明るい歌を聴けば幸せな気分になることは誰でも知っているからです。攻撃的な音楽を聴くと、怒りを感じることだってありますよね。

このように、ほとんど全てのジャンルの音楽は、聴く人の気分を変え、現在の状況や環境に対する認識さえも変えてしまうのです。世界最高峰の映画制作者となると、この点を他の誰よりも理解しています。映画制作者というのは、観客の気分や感情を意のままに操る達人です。最適な音楽セクションを最適なタイミングで使用し、視覚的な刺激を巧みに補完することでそれを可能にしています。

しかし、なぜカジノが同様の手法を用いているのか、そしてなぜ施設内で音楽を流しているのか、不思議に思ったことはありませんか?それには2つの理由があります。ここから詳しくご説明していきましょう。

音楽が作り出す雰囲気

ギャンブルに欠かすことのできない完璧な環境を整えるため、カジノでは様々なジャンルの音楽が使われてきました。音楽がプレイヤーの気分に影響を与え、ギャンブルの決断を後押しするということは重要なことです。

プレイヤーが大胆になることもあれば、一方で、別の時には、賭けることに対して慎重になることもあるでしょう。ゆっくりで感情に訴えかけるようなものから、速く荒々しいものまで、様々な曲がカジノでは流れています。ものをいうのはずばり「リズム」です。

例えば、朝や、夜の閉店前の時間では、スローテンポな音楽を流しています。一方で、混雑のピーク時には、アップテンポな音楽をかけ、客に多くのお金を賭けさせたり、リスキーな決断をさせようとしたりするのです。

音響効果

カジノでコインが床に落ちる音を聞いたことがありませんか?客を驚かせようとして、こんな仕掛けを使っているわけではありませんよ。実際のところ、その反対です。よりいっそうプレイに没頭させるための音なのです。お金が転がる音を聞けば、他のプレイヤーも勝っているのだと思ってしまいませんか。そうすると、ますます自分だって負けられないと思うようになり、より多くのお金を賭けようという気持ちになるものですよね。

このように、音響効果は、プレイヤーにより多くのお金を使わせるという働きがありますので、カジノの収益に大きく影響するのです。カジノにいる時間が長くなればなるほど、使う金額も増えていくのです。その一方で、好きな曲を聴かせることで、勝っていようが負けていようが、賭け続けさせることができるという効果があります。

事実、音楽は、私たち人間の行動に深く関わっており、ある場面においては力を与えてくれるものです。こうした理由から、カジノは音楽の持つ力を活用しているのです。カジノの目的はプレイヤーに多くのお金を使ってもらうことですが、音楽を利用すれば容易いものです。カジノ音楽の担当者は、いつもその場に合った曲を選ぶだけです。そうすれば、客は皆、ギャンブルに没頭していきますからね。